実家への不満を踏まえて思う理想の住宅

私の実家は木造住宅なのですが、元々は祖父母が住んでいた家なので相当な築年数があります。

そのため色々と不満があったのですが、今回はそれを踏まえて思う理想の家について書きたいと思います。

家といっても木造や鉄筋コンクリートなど色々とありますが、個人的には木造住宅の方が好きなのでそちらの方が理想的です。

この辺りは実家が木造住宅で慣れ親しんでいるというのが大きく、家を建てる際には絶対に木造住宅にしたいと思っています。

その上で耐震性を重視して地震などが起きた場合でも安心できるようにしたいと思っています。

これに関しては実家の耐震性に不安を感じていたのが大きく影響していて、2000年代になってから大きな地震を何度も経験していたことも踏まえて重視するようにしたいです。

耐震性があれば後はそこまでこだわりたいという事はないのですが、可能な限り和風で収納スペースが多い家なら文句なしです。

実際に家を建てる時には家族の希望もあるので完全に私の理想通りとはいかないと思いますが、出来る限り近い家をいつかは建てたいなと思っています。