高齢な両親がローコストで家を建替えました

千葉の房総の田舎町に実家があり、高齢の両親が2人で住んでいます。

2階建ての比較的大きな家ですが、70歳をすぎた両親は階段を登るのが億劫になってきたようでほとんど1階だけで暮らしていて、2階は放置状態で荒れ果てていました。家も古い段差の多い家なのでそろそろ建替えをと勧めました。

お金がかかるからと最初は反対の両親でしたが、最近は平屋の1戸建てなど1000万以下で建つ様なローコストハウスメーカーも多く、住宅展示場に連れて行くと安さに両親はその気になり、本格的に考え始めました。

ただ調べていくうちに1000万の家とはいっても、本当に1000万で建つことはないということがわかりました。電気工事などの諸費用は別になるので、だいたい表示価格の2割増しくらいに思っておいたほうが良いそうです。それでも注文住宅に比べたら格安であることには変わりないので、結局納得の行く形で契約をしました。20坪のこじんまちした平屋で総費用は1300万円くらいでした。

バリアフリーの快適な平屋になり、掃除も楽になったと両親は喜んでいます。

PR:群馬県太田市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室