日本で人気の木造住宅の2つのメリット

日本の住宅は約7~8割が木造と言われているので一戸建てを建てる時に木造住宅を選ぶ人が多いです。木造住宅は建築素材が木材なので耐久性の低さや火災に弱いという不安があるという声が聞かれます。しかし実際に木造住宅を建てるとメリットになる点の方が目立ちます。そこで木造住宅はどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・購入費用を安く抑える事が出来る

木造住宅は構造体が軽いので基礎工事をスムーズに行う事が出来ます。それで工事費用を抑える事が出来るので購入費用を安く抑える事が出来ます。また建築素材にもあまりコストがかかっていないのも購入費用が安く抑えられる要因になっています。

・部屋の中を快適な状態に保ち続ける事が出来る

木造住宅は調湿効果があるので湿度が高くなっている時に調節してくれます。また空気が乾燥している時期も水分を空気中に放出してくれます。それで快適な状態に保ち続ける事が出来るので過ごしやすい空間が出来るメリットがあります。